作業療法学科

Date : 2020-10-30 : 未分類

【作業療法学科 演習授業】



皆さんこんにちは!

作業療法学科 教員の赤石です(^^)/



九中リハの関連施設に小規模多機能型居宅介護事業所があります。

作業療法学科では、授業の一環で毎年定期的にその施設に学生が訪問し、体操や作業活動の提供

利用者様にご協力いただき作業療法プログラムをつくる練習をさせていただいています。



様々な方が利用されているので、利用者様に合わせて伝わりやすい言葉を選んだり自分の立ち位置

姿勢・介助の方法を「考えながら」接する…現場でしか得られない経験ができます。

臨床実習とは違いグループで訪問するので、学生さん同士助け合いながら対応することができ実習

前の良いトレーニングの機会となっています。



今年はコロナ窩で訪問ができない状況が発生してしまったのですが

施設のご協力もありweb会議システムを使った演習をしています(^^)/



2年生は…

何をしているかといいますと…

















 

段落2の画像

テレビ体操です(笑)

イメージは某公共放送のみんなの体操(^^♪ 画面の向こうには施設の利用者様が!!!

 

段落3の画像

学院のipadと施設のテレビを繋ぎ施設の利用者様と一緒にリアルタイムで

学生さんが考えた体操を行っています。手足を動かす体操だけでなく頭を使った少々難しい・・・

間違えそうな体操も((+_+))

 

段落4の画像

大人の事情で施設側の画面は写せませんが、普通のテレビ体操と違い学生さんとやり取り

しながら行えるので利用者様も画面にのめりこんで体操をされたようです(^^)



同時刻…

3年生はひとりの利用者様とお話ししながら情報収集…

この情報を元に「この方に作業療法をするなら,どんなことを提供しよう…?」

とプログラムを立てていきます。

終わった時は、利用者様はとても楽しかったと仰っていましたが学生さんは疲労困憊だった

ようです(笑)



「話すだけ」と言えど同年代の人と話すのとは勝手が違い言葉が伝わらない、聞きたい内容を

話してもらえない…話し方・言葉の選択・タイミング・話の流れ…都度考えながらだったので

疲れたのでしょう…がんばりましたね (^^)/



このように九中リハでは、web会議システムを活用した新たな地域との交流を模索中です!!



今できることを最大限に生かして!!

次回に続く!