夜間部14期生 実習に向けて

Date : 2021-04-02 : 理学療法学科

段落1の画像

理学療法学科 渡久山です。

夜間部14期生は新しいカリキュラム第1号です。

これまでの夜間部と大きく違うのは、最短3年で理学療法士の資格を取得できることです。

早く資格を取得して、現場で働きたい、という方にはお勧めですね。

実習前までに学院で学んできた2年間の復習、及び実習に向けての実技練習の様子をお届けします。



まず、担当の先生が講義を行います。

この日は下肢(膝や股関節など)の評価について学びました。

講義が済んだら各自の身体を使って評価の練習を進めていきます。







 

段落2の画像

別の日は上肢(肩や肘関節など)の評価について学びました。

なぜ評価を行うのか?どこに注意するのか?

しっかり勉強したら実技練習をしていきます。





 

段落3の画像

この日は筋力検査について学びました。

検査する部位によって姿勢を変えていきます。

お互いの身体を使って練習をしていきます。



これ以外にも解剖生理学、運動学などなど実習に必要な知識の復習と実技練習を行っています。





 

段落4の画像

あとはひたすら練習です!

居残りで実技練習や体を使って知識の確認をしています!





 

段落5の画像

と、いうことで実習に向けて頑張っている 理学療法学科 夜間部14期生の様子を紹介しました。

評価実習は来週から始まります!

コロナ禍の中ですが、実習を受け入れて頂いた施設の皆さま、本当にありがとうございます。

知識や技術の修得はもちろん、感染予防対策にも力を入れて実習に臨みます!

理学療法学科 夜間部14期生の皆さん!頑張っていきましょ~!!