理学療法学科 理学療法学科/夜間部
作業療法学科 看護学科
介護福祉学科 国際介護学科
介護福祉学科
コンテンツメニュー
トップページ
学院案内
学院の特徴
施設・設備紹介
スクールライフ
教員紹介
実習施設紹介
国家試験
就職について
学費サポート
よくある質問
交通アクセス
KCR-Style 学院ブログ
求人担当者様
募集要項
資料請求
お問い合わせ
フリーダイヤル:0120-322-018 お気軽にお問い合わせください。携帯・自動車電話・PHSからもご利用できます。
お問い合わせフォーム

生きる喜びと、感動を共に。

 

 現在、日本では介護福祉士を始めとした介護人材が不足し、2020年には約20万人の介護人材が必要とされています。今後、超高齢化が急速に進行する中でその状況は楽観視できません。
 このような社会背景から、平成28年11月に「出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律」が公布され、介護福祉士養成施設を卒業して介護福祉士国家資格を取得した留学生に対して、国内で介護福祉士として介護又は介護の指導を行う業務に従事することを可能とする在留資格「介護」が新たに創設され、外国人留学生に介護福祉士への道が大きく開かれました。
 本学院はこれまで医療・福祉業界に1,200人以上の卒業生を輩出してまいりました。そのノウハウを活かし、外国人の方でも福祉や介護を基礎から理解できる新しいカリキュラムを作成しております。言葉の違いや文化の違いがあるのは当然のことです。だからこそ、日本語や日本文化を理解するための科目も充実させた、しっかりとした教育体制を組み上げました。
1. 介護の基礎知識や技術を身につける
  介護福祉士や理学療法士等が授業を担当することにより、介護福祉学科に進むための基礎的な知識・技術を身につけることができます。
2. 早期からの介護の現場での実習
  将来、介護の現場で働く事がイメージできるように高齢者施設にて見学及び実習を行います。
3. 充実した日本語教育
  介護の教育内容をより良く理解できるように、日本語講師が文章技法の指導や日本語検定対策などを行います。
4. 留学生のチューター制度
  介護福祉学科の学生が相談相手となり、授業内容や生活について一人ひとりに丁寧に助言します。
前 期
1限目
9:15
〜10:45
職務の理解 コミュニケーション
技術T
解剖学 日本語基礎演習 認知症の理解
2限目
11:00
〜12:30
日常生活日本語 介護場面日本語 文章技法 介護の言葉・漢字 検定対策
3限目
13:30
〜15:00
日本の文化と福祉 施設実習 生活支援技術 コミュニケーション
技術U
施設実習
後 期
1限目
9:15
〜10:45
日常生活日本語 人間の尊厳と自立 日本語基礎演習 発達と老化の理解 音楽
2限目
11:00
〜12:30
制度の理解 介護場面日本語 プロジェクトワーク 介護の言葉・漢字 検定対策
3限目
13:30
〜15:00
介護の基本 介護福祉用語 生活支援技術 施設実習 施設実習

22.5時間/週 90時間/月
※毎朝9:00〜ホームルームを行います。また、4時間目に補講などを行う場合もあります



九州中央リハビリテーション学院 3号館(介護福祉学科・国際介護学科)
【住所】 熊本市中央区本山3-3-70
【TEL】 096-322-7007