学生さんの作品紹介

Date : 2021-03-01 : 作業療法学科

段落1の画像

理学療法学科 渡久山です。



リハビリテーションの分野では、患者さんに作品を作ってもらう場面が多々あります。

当学院でも講義の中で、「ものをつくる」事が行われています。



今日は作業療法学科3年生の田口麗華さんの作品を紹介します。

学院のイメージカラーである、青と緑のモールを使って花を作ってもらいました~

色違い、当学院の学科をイメージしたカラーでも作ってもらいました。

可愛らしいですね~



 

段落2の画像

作成の様子はこんな感じです。簡単に作っているように見えますね。

でも、指の柔軟な動きが必要なんです。強い力ではなく、沢山の筋肉が協力し合って作成することが出来ます。

さらに、集中力を持続させる事、設計図を作り間違えないように形を合わせる事、段取り良く物事を進める事が必要になってきます。

ただ作るのではなく、対象となる方にとって、どこが難しいのか?どんな良い効果が得られるかを考えながら、「なにをつくるか?」を考えます。

なにより、作ったもので誰かが喜んでくれると嬉しいですよね。そして、人が喜んでいる姿を眺めることも楽しいと思います。



作業療法学科3年 田口さん、作品作成と写真の提供ありがとうございました。